格安航空券で正規料金より驚く程安く、飛行機に乗る方法!

正規料金と割引価格

割引率の高い航空券を利用する人が増えていますが、正規料金の航空券よりかなり安くなっています。

中でも格安航空券を購入すると、半額以下の料金で済むこともあるようです。このような料金の差はどこから来るのでしょうか。

一般的な航空会社で正規料金の航空券を購入した場合と比較してみると、旅行代理店などの航空券はかなり安い価格設定になっています。

購入する側は、できるだけ割引率の高い方を求めて、旅行代理店を利用するようになります。

正規料金と安い航空券の違いはどこにあるのでしょうか。

同じ航空会社で同じ飛行機便を利用しても購入先が違えば料金が違います。

これは、旅行代理店と航空会社の取り決めがあるからです。

旅行代理店が航空券を販売する時は、ある水準まで値下げすることができるようになっています。

もちろん、航空会社が適宜に価格を割り引くこともできますが、安値の限界まで来ると、安全性などに問題が起るので、国が規定を設けています。

ですが、最近は正規料金を格安にして直接販売する格安航空会社の参入が相次いでいます。

以前は、国際線の航空券販売が盛んでしたが、国内線など近距離の路線にも安い航空券が販売されるようになっています。

旅行代理店を利用しなくても、航空会社から安い航空券を購入することができるようになっているので、旅行代理店もあらゆる策を講じています。

特に、当日搭乗できる飛行機のチケットや使用期限が短い飛行機のチケットを中心に格安で販売するこもあります。

ネット販売が盛んですから、こまめにチェックしておきましょう。

格安航空券で正規料金より驚く程安く、飛行機に乗る方法!メニュー